電子マネー決済は何故普及しているのか?

使える場所が増えてきた

海外に比べるとまだそれほど普及率は高くないといわれていますが、それでも電子マネーの利用率は着実に上がっています。その要因はなんでしょうか。
まず挙げられるのは、利用できる場所が増えてきたからということです。至極単純な話ですが、いくら電子マネーが便利だといっても、利用できる場所がないのでは普及しません。電子マネーの出始めはそんな状況でしたが、コンビニやスーパーなど利用頻度の高い場所でも使えるようになってきたことが利用率の押し上げにつながったといえるでしょう。
また、電子マネーが使われるようになって、電子マネーを使うことが社会的に変なことではなくなってきたというのも、使う人が増えてきた理由の一つだといえます。

電子マネーの便利さが多くの人に知られるようになってきた

電子マネーの便利さが浸透してきたというのも大きな理由でしょう。電子マネーのメリットは小銭、あるいは現金そのものを持たずに済むということです。今まで、レジの前で一円や五円を探す労力が必要でしたが、電子マネーであればどんな金額であっても、カードを店員に渡すだけで一瞬にして決済が可能です。さらに、おつりを渡されることもないので、おつりを札と小銭に分けて財布にしまったり、あるいはうっかり床に落として探す羽目になるといった面倒ごとが発生しません。
クレジットカードと連動して、チャージが自動的にできるようになってきたのも大きな理由でしょう。昔と比べて電子マネー自体の利便性が向上したので、昔は使わなかった人も使うようになっているというわけです。