電子マネーのメリットとは

マルチ電子マネーの特徴と導入の方法

マルチ電子マネーサービスは、大手運送会社1社との契約のみで、複数の電子マネーを導入することができます。それぞれの電子マネー事業者と加盟店契約を結ばなくてもいいので便利です。1台の端末で各電子マネーに対応していて、事業者ごとに異なる入金サイクルや決済手数料を一本化しています。
導入するにはまず、所定の申込書を営業担当に提出し、記入に不備がなければ審査を行います。審査が終わると、加盟店情報登録と端末のセットアップをしますが、専門の設置員が訪問し設置してくれるので安心です。契約時に開始日を決め、その日から利用できます。
導入すれば、複数の電子マネーを利用してもらいやすくなるので、レジがスムーズになりお客の待ち時間も短縮できるのがメリットです。

電子マネーのメリット・デメリット

利用者にとって電子マネーのメリットは、現金で支払わなくていいので会計が楽になることです。小銭もいらないので、財布の中もスッキリします。全国の加盟店で使え、どこで買い物をしても使うごとにポイントが貯まりお得です。ただ、電子マネーはセキュリティがしっかりしていないという点があり、防犯に気をつけなければいけません。
決済方法は、おサイフケータイのアプリやパソコンの専用端末で行います。また、電子マネー事業者専用のアプリでもできます。1ヶ月間の利用金額もひと目でわかるので決済に便利です。
電子マネーを選ぶときには、生活圏内での使える店舗の多さや、交通機関をよく利用する人は普段乗っている電車・バス会社の電子マネーを持つと良いでしょう。

電子マネーで決済することができれば、小銭を持つ必要もなく、おつりが発生することもないため、財布が重くなりません。