電子マネーの特徴とは

カードにお金をチャージして支払いに使う

お店で買い物をするときは、支払いに現金を使います。ぴったり渡せばお釣りはありませんが、余分に支払えばお釣りが来ます。小銭がたくさん増えて困るかもしれません。事前に小銭を用意するのも面倒です。小銭を必要とせずに支払いができる仕組みが電子マネーです。まず、カード式の電子マネーを取得します。無料もあれば有料もあります。後はそのカードに現金でチャージをします。チャージするのはポイントなどではなく現金なので、有効期限などなく永久に使えます。千円分チャージをすると残高が千円分増え、300円の支払いをすると残高が300円減ります。利用するときは、お店に伝えると設定をしてくれます。設定後に所定の機械にカードをかざすと、支払処理ができます。

使えるお店はまだ多いとは言えない

現金以外の支払い方法としては、クレジットカードが良く使われています。世界の加盟店で使えるようになっていて、日本でも多くのお店で利用できます。スーパーやコンビニなどで利用できるのはもちろん、個人商店などでも利用できます。新しい決済の仕組みとして電子マネーがあり、審査などなく誰でも利用できます。カードは誰でも購入などをすれば手に入ります。後はチャージをするだけで、お金の用に使えます。非常に便利ですが、必ずしも使えるお店は多いとは言えません。確実に使えるのは各コンビニですが、スーパーなどでは系列のカードしか使えない等があります。コンビニは複数のカードが使え、他の系列のカードでも使えるので、コンビニをよく使う人には便利といえます。

電子マネーを比較するときのポイントは普段使いすることを考えたときに、どの電子マネーが一番利便性が高いかということです。また、どのような特典があるかも大事です。